子供の健やかな成長・全家族の健康住宅

キレイな空気で健康生活

家を建てる意義とは本来、家族の健康を守り、幸せを育むことであるはずです。
その家の内・外部の汚染された空気が家族を不健康にしていたら…

「PM2・5」など大気汚染で年700万人が死亡

世界保健機構(WHO)は2018年5月2日、微小粒子状物質「PM2.5」などによる大気汚染が世界的に拡大を続けており、肺ガン呼吸器疾患などで年間700万人が死亡しているとみられると発表した。
世界人口の約90%が汚染された大気の下で暮らし、健康被害のリスクがあると指摘。

食べ物・水は1日約2㎏、空気はこの約10倍20~25kg摂取していると言われ“空気”が人間の健康に大きく影響します。
自動車の排気ガス、工場・家庭からの排水による汚染された河川、農薬などによる土壌汚染、破壊されたオゾン層からの紫外線、石油製品や新建材の接着剤・埃・カビ・ダニ等、重層的な酸化(プラスイオン)空気環境により、人間の健康がむしばまれている時代であると思います。


喘息・アトピー対策

東京大学名誉教授 理学博士 谷田貝光克氏

アトピー・喘息の主な原因は、室内空気室の悪化や塵・ダニが主な原因で、「健康太郎の家」システムは「ダニの繁殖を抑える・ダニの行動を鈍らせる」他「カビ」や病気の原因になる「緑膿菌」「大腸菌」を抑える働きがあることがわかっています。

筑波大学ベンチャー企業(株)つくば遺伝子研究所 社長 理学博士 安江 博氏

健康太郎フィルターの動物実験結果について

この遺伝子は、グロビンスーパーファミリーのメンバーをコードし、そして骨格筋および心筋において発現される。
コードされたタンパク質は、細胞内酸素貯蔵および酸素の経細胞促進拡散に寄与するヘムタンパク質である。同じタンパク質をコードする少なくとも3つの選択的スプライス転写物変異体が報告されている。(2008年7月RefSeq提供)

健康太郎フィルターによる空気の有害物質の除去の実験をマウスにたばこの煙を暴露させ実施した結果、健康太郎フィルターは右記のタバコの有害物質によって引き起こされる遺伝子の発現を抑える作用を有することが示唆されました。

全家族の健康に!!自治医科大学との共同研究では

「健康太郎の家」システムは「消臭効果・ストレス回復促進効果・個人差はあるが入眠を促す環境づくり効果」が示され、快適な生活空間をつくり為の素材・装置として活用できる可能性が示された」としています。

消臭効果検証(アンモニア除去性能)

ストレス回復検証(唾液アミラーゼ活性評価)

「健康太郎の家」換気システムで健康に

前橋市立前橋工科大学建築学科教授 工学博士 一級建築士石川恒夫氏 

産学連携共同研究結果

「健康太郎の家」システム採用住居は、換気システムを採用していない住居より、喫煙やペットを飼っている等の通常の生活をしている状態においても、人体に影響を及ぼす化学物質や粉じん等が少なくなる傾向にあることが期待できます。

「健康太郎の家」の空気負イオン環境が人体に及ぼす効果

元玉川大学知能情報学科教授 工学博士 寺沢充夫氏

産学連携共同研究結果

今回の実験によって、「健康太郎の家」システムによる負イオン環境は、血圧の改善・血糖値の改善及び乳酸値の低下による疲労回復効果が得られることが判明し、生体に良い効果をもたらすことが示唆された。

「安全な住宅環境である」

(株)総研 取締役環境事業部長 平林武仁氏

室内空気室の「化学物質6品目」について全項目厚生省の基準を超えるものはありません。
他物件の測定でも厚生省の基準を超える住宅は1軒もありません。

1.ホルムアルデヒド
0.08ppm位から臭いを感じ、3ppmで目や鼻に刺激が起こり、4~4ppmでは涙が出たり、呼吸器に不快感が生じます。50ppm以上になると、肺炎などを起こし死亡することもあります。長期的には発ガンの可能性もあると言われています。

2.トルエン
0.048ppm位からトルエンの臭いを感じ、高濃度になると目や気道に刺激が起こり、疲労・吐き気、それに中枢神経にも影響を与え、ひどい場合には精神錯乱などをきたすこともあります。また意識低下・不整脈を起こすこともあります。

採用者の笑顔

<宇都宮市 S様>

喘息 <宇都宮市 S様>

糖尿病 <宇都宮市 S様>

糖尿病・高血圧・眼底出血 <宇都宮市 S様>

私は10年前頃から高血圧・糖尿病患者で、眼底出血もしており苦痛の毎日でした。「健康太郎の家」システムを6ヶ月間使用した結果、血圧も下がり(上:160 → 136mmHg、下:90 → 65mmHg)、血糖値も正常になり(HbA1c:8.3 → 5.5)、眼底出血も止まり、大変有難いと思っています。仕事にも精が出て、好きな山歩きも夫婦で毎週ぐらい出かけ、健康で楽しい毎日を過ごしています。

喘息・花粉症・アレルギー <宇都宮市 K様>

私たち家族は長女が喘息持ちで、主人と私が花粉症と家族全員がアレルギー体質なんです。システム導入後は、私も花粉症の症状が軽減したなぁっと体感できる感じで、長女も咳がかなり減ったと感じがしています。アレルギーをお持ちの型は普通の方よりも気になると思うのですが、目に見えるものではないのですが、体感していただくと確実に違うと思いますので、是非お勧めしたいと思います。

花粉症・消臭・安眠・健康 <宇都宮市 I様>

愛犬のドッグケージがリビングに置いてあるのですが、犬特有のペット臭は全くしません。2階の洋室にクワガタなどを飼育しているのですが、湿った土やオガクズの臭いもこもることなく、寝つき、目覚めも良くなり空気感は爽快です。毎年悩まされていた花粉症も、今年はほとんど出ませんでした。妻も「この家なら子供が生まれても健やかに育てられそう」と喜んでいます。

喘息・省エネ・健康 <宇都宮市 S様>

長年、喘息の持病があり、一昨年にはひどくなって入院したほど。ぜんそくは、夏前の温度差がある季節に出やすいのですが、住み始めてから全く出なくなりました。
昨年の冬はことのほか寒くて友人たちは軒並み風邪をひいてしまいましたが、私だけは健康そのもの。皆が不思議がっていました。この家はどこにいても快適な温度と気持ちいい空気を感じます。光熱費が毎月約1万円ですむのには驚きました。
住み心地やコストなどトータルバランスの良さが印象的です。

湿疹・腎臓病 <宇都宮市 T様>

2人の子供が小さい頃からの湿疹で、上の子は腎臓の病気で入院しました。「健康太郎の家システム」を導入してからは、湿疹もだいぶ治まり、再発すると言われた腎臓の病気も再発することなく現在まで元気にやっていますので、すごく良かったなと思っています。

花粉症・喘息 <宇都宮市 K様>

私は25年前より花粉症を発症し、症状に苦しんでおりました。また、息子が17年前頃より喘息を、娘が約10年前より花粉症を患うようになり、なんとか家族で健康な生活をしたいと考えておりました。私は医療関係の仕事に従事しておりますが、有効的な治療法には巡り会えず、家族全員が長期にわたる通院生活を送っていました。ところが「健康太郎の家」を新築し、入居後約1年が過ぎた頃より、処方される薬が段々と不要になりました。現在、念願だった家族全員での健康で楽しい毎日を過ごしています。「健康太郎の家」にして本当に良かったと思います。

アレルギー <宇都宮市 S様>

30年来のアレルギー体質に悩まされていた私は、特に空気に対してとても強い思い入れを持っていました。家を建てるなら空気の良い所と決めており、家についても化学物質によるシックハウスの問題に強い関心を持っていました。「健康太郎の家」での生活は、エントレ炭を使った熱交換型計画換気システムによる調湿や、マイナスイオンの発生など、健康な室内空気環境によりアレルギーの発症もなく快適で安心な日々を送っています。

喘息 <宇都宮市 N様>

私はコンビニエンスストアを経営している者です。若い頃に喘息を発症し、薬を飲むようになったため、健康に気を遣うようになりました。2年前になりますが、念願であったマイホーム購入を実現しようと、家族で展示場を見て回りました。10年以上のハウスメーカーを訪れましたが、今ひとつ決定打に欠けたため、購入には至りませんでした。そんな時、知人より「健康を第一に考えた家」があると教わりました。早速モデルハウスを見学に行った私は、これこそ探していた家だと思い、即購入を決めました。
仕事上、徹夜は避けて通れません。また、人の出入りの多い店舗は、決して空気が良いとは言えません。そのため、喘息の発作が起こります。ところが、仕事を終えて帰宅すると、一瞬で家の中の空気が違うことに気付き体が軽くなり、発作が治まるのです。その差には家族で驚いています。

喘息・歩行困難 <宇都宮市 S様>

私たち家族は、平成20年3月から「健康太郎の家」での生活がスタートしました。母は、こちらに引っ越す前は左足が痛くて正座ができず歩行も困難でした。ところが先日、地区の歩け歩け大会に参加し7kmの部で完歩したのです。今では足が痛かったことも忘れ、快適な毎日を過ごしています。又、父の喘息も快方に向かい咳き込みも少なくなったようです。最近の父は、事業を立ち上げ、これから第二のスタートで頑張りたいと言っています。
このような予期せぬ吉報に家族みんなが喜んでおり、健康な生活を送っているこの頃です。
健康太郎にして本当に良かった、他の家だったらこうはならなかったと思います。我ながら人生の良い決断だったと満足しています。

病気の体験

5年前に医者よりガンを宣告されました。医師より、「仙骨に転移しており手術しても無駄ですし、 放射線治療、 抗がん剤治療も出来ません」と言われましたので、マイナスイオンのリッチな住宅に住み、抗酸化食品を取り入れました。今ではガンであることを忘れております。積極的にマイナスイオンを空気・水・食品から体に入れることによって元気な体になりました。ガンは生活習慣病であると言えますけれど、1日の疲れはその日に直すというように心掛ける。そのためには、マイナスイオン住宅の環境で疲れを取ることで、明日の元気につながると思います。皆様もそのような環境で、生活をしていければいいと思います。

元玉川大学工学部
知能情報システム学科教授
工学博士 寺沢充夫

※当「健康太郎の家」のシステムは、薬事法の薬品・医療機器でもなく、特定の病・疾患を治癒することを保証するものではありません。