電気料金の軽減と地球温暖化の防止

不都合な真実

ノ―ベル賞受賞者アメリカ元副大統領 アル・ゴワ氏著書

北極の氷はこの40年間で40%減少、今後50~70年で消滅、水位は6m上昇する。
この四半世紀に発生した鳥インフル等の奇病・猛威を振るうハリケーンは偶然起きたのではない」と地球の瀕死の症例を示し、人類の取るべき方向を示している。
*家庭の冷暖房はエネルギー消費量がとても多く、一般的に家庭エネルギー消費量の45%を占めている。

家庭内消費エネルギー

東京大学元学長 小宮山宏氏

全エネルギーの約55%を人間の生活関連で使っている。
現在、地球が吸収出来る約2倍の二酸化炭素(CO2)が排出されている。
高気密・高断熱住宅の省エネルギー住宅の重要性を訴えています。

省エネポイント

  1. 夏は涼しく冬は暖か
  2. 冷暖房費も大幅カット
  3. 構造材の腐食や劣化も少ない

1階2階に1台ずつの空調機で床下・廊下・各居室・トイレ・洗面脱衣室・天井などにほぼ一定の温度、湿度の空気が約2時間に1回転する。

高気密・高断熱の家を実現

● 性能次世代型断熱材の使用
● ドア・ガラスにも最高ランクの品質を誇る材料を使用

室内外気温及び湿度測定結果(外部・室内)

外部・床下・LDK 気温及び湿度測定結果

ゼロエネルギー住宅

産学連携共同研究結果

宇都宮大学 工学博士
岡建雄 大学院教授

太陽光発電 ライフスタイルコスト収支
省エネライフスタイル※
1月 -¥11
2月 ¥606
3月 ¥3,200
4月 ¥9,295
5月 ¥12,864
6月 ¥9,084
7月 ¥7,864
8月 ¥12,758
9月 ¥8,005
10月 ¥8,931
11月 ¥1,609
12月 -¥252
年間 ¥74,953
計算条件
  • ●契約電力:東京電力 電化上手(7kVA〜10kVA) 基本料金2,100円
  • ●電力単価:昼間(夏季)37.56円 (その他季)30.77円 朝晩25.2円 夜間11.82円
  • ●太陽光発電 4.14kW
  • ●太陽光発電買取 余剰電力買取価格:42円/kWh
  • ●エコキュートは深夜電力を使用

コスト収支(円/月)

※省エネライフスタイル

  • ●暖房18℃ 冷房28℃
  • ●平日日中不在
  • ●照明と家電の使用時間削減
  • ●照明と家電の高効率化

ヒートショック対策にも!!

平成25年2月3日 下野新聞朝刊

「気密性能は北海道並み」

モットキュー北関東支店長 藤田誠氏

「健康太郎の家」住宅気密性能試験結果

隙間相当面積 1平方メートルあたり 0.7平方センチメートル

高気密高断熱に優れ、夏涼しく冬暖か
冷暖房費が安く四季を通じた快適生活

採用者の笑顔

年間40万円の利益 <宇都宮市 坂本様>

私は、健康住宅に特許のある「健康太郎の家」を平成25年秋に、太陽光10.30kw搭載の住まいを新築落成し、平成25年12月~平成29年12月までの売電合計2,066,857円 - 買電価格 576,222円 = 利益 1,490,635円、年間平均406,536円の利益であります。販売期間が20年間であり、利益は約800万円が予想されます。
また冬は暖かく、夏は涼しく一年中春のような温・湿度であり、住み心地は最高です。

家計に優しい家 <宇都宮市 S様>

私は「健康太郎の家」の太陽光発電システム4.14kw搭載のモデルハウスを購入し、一冬を経験しました。
オール電化でありながら、毎月の売電額が平均1~1.6万、毎月の電気代は1万未満で毎月売電額が上回っており、住宅ローンの返済に一役かってくれ、財布にやさしいマイホームです。

また、1・2階に1台ずつの空調機で各部屋・廊下・トイレ・脱衣室なども、真冬でも22~23℃くらいの快適空間で、家が日々の疲れを癒やしてくれます。

光熱費の節約 <宇都宮市 T様>

健康と省エネ住宅の特許「健康太郎の家」に2.5kwの太陽光発電を搭載し住み始め、以前住んでいた家と1年間の電気料金の比較を行ったところ、高気密・高断熱の良質な施工と熱交換+「健康太郎の家」システムにより、年間127596円の節約になり、本当に良かったと思っています。

<対象条件>
家族5人 + 各室空調機 以前の月平均光熱費38337円 -「健康太郎の家」月平均27704円 = 月10633円プラス×12ケ月 = 127,598円