ブログ

「新築一戸建て」と「リフォーム」の違いとは?

家を建てる時には新築一戸建てにするのか、中古住宅を購入してリフォームするのか迷うところだと思います。

そこで、新築一戸建てとリフォームのメリットとデメリットをご紹介いたします。

それぞれを比較することで、自分や家族が住みたい理想の家にはどちらが適しているかを選ぶ基準でしょう。

新築一戸建て

新築一戸建ては、「注文住宅」のように一から家づくりに関われるものや、「建売住宅」のようにハウスメーカーなどが建てた家を購入する2つの方法があります。
新築一戸建て 注文住宅 建売住宅

注文住宅のメリット

自分や家族の好みに合わせた自由度の高い設計が可能で、また家を作っていく骨組みの段階から見学することができます。
もちろん最新の耐震性能を取り入れることも可能です。そのため、断熱性能や省エネ対策に優れた家を作ることができるでしょう。

注文住宅のデメリット

家を一から作るとなると、まずは家を建てる前に土地探しが必要になります。
しかし、なかなか思うような土地が探せないこともあるでしょう。
それに、注文住宅は完成するまでにある程度の時間が掛かります。
自身のが強かったり、要求が多すぎると、最終的に予算オーバーする可能性も考えられます。

そのため、注文住宅は期間と予算に余裕がある方に適しているとも言えます。

建売住宅のメリット

建売住宅は、最初からハウスメーカーが建てて完成している家を販売するか、完成間近の家を予約して購入するか、といったパターンが多いですね。
すると消費者にとっては、その家で実際に生活するイメージがわきやすくなるでしょう。
また、完成品を買うというイメージなので、契約後すぐに住み始めることも可能です。

加えて、建売住宅の場合は、ハウスメーカーが住宅をまとめて建てるために土地を管理しています。
自分で探していては見つからないような良い立地であったり、まとめて建てることでコストも下がり、注文住宅よりも価格が安くなる場合があります。

建売住宅のデメリット

すでににほとんど出来上がっている家、あるいは完成している住宅を購入するので、自分の好みの設計に変更することは、ほぼできないかもしれません。
そこで、自由はきかないものの、納期が早く、費用もできるだけ下げたいという方に適していると言えるでしょう。

リフォーム

リフォームは中古住宅の設備や間取り、内外装などを一新して、老朽化した建物の機能を回復させ、新築の状態に戻すことをいいます。
必ずしもリフォームを行わないと住めないわけではありませんが、少なくとも現状のままでは快適な生活が送れないと判断した時に行う必要があります。

リフォーム

 

リフォームのメリット

リフォームのメリットは、何をどこまで行うか自分自身で決めることができる点です。
そのため、やり方によっては費用を抑えることも可能になります。
新築一戸建てに比べると、価格を抑えることができるわけです。
もし全面リフォームすることになっても、建て替えするよりも安くなる可能性もあります。

また、中古物件を購入し、リフォームするという方法もあります。
その場合は、すでに家がある状態なので、日当たりや風通し、住み心地や近所の状況などもあらかじめ確認することができます。
駅に近い便利な立地が希望であれば、条件で中古住宅を探すこともできるのです。

リフォームのデメリット

リフォームのデメリットは、中古物件を購入し、リフォームする場合に顕著です。

中古の一戸建ては、土台や柱が湿気で腐食したり、シロアリに食われてスカスカになっていることがあります。
特にお風呂場などの水回りには注意が必要です。
構造部の補強箇所が多くなればなるほど費用がかかってくきます。

構造を調べるには床をはがしてみないと分からないので、当初の見積を超える費用が発生することも十分に考えられます。
地盤沈下している物件では、地盤の改良や杭打ちなどの処置も必要になってきます。

また、古い中古住宅になると耐震構造や断熱性能が十分でないこともあります。
気に入った中古住宅を見つけても、耐震性能や断熱性能が欠けていると、その分工事が必要になり、費用もかかることになるのです。

さらに、一戸建てのリフォームには内外装や面積、高さは建築基準法に定められています。
もし中古物件を購入してリフォームしたいという方は一度、住宅の専門家に相談してみてください。

まとめ

新築一戸建てとリフォームは、どちらもメリットやデメリットがあります。
自分や家族の譲れない条件を考慮した上で、どちらにするのか決めることをおすすめします。